浅草のオフィス Office in Asakusa

designed by 山道拓人(g86)+鎌谷潤(g86)+日高海渡+西川日満理

SOUNDWORKSHOP.JPという音楽関連ソフトの教則コンテンツを一挙に配信するディーゼル・ワークショップ社の内装の設計施工の第一期である。飲食店が入るビルの一室で、柱型や避難階段、及びもともと入っていたパブの衣装部屋の凹凸が室内に現れていた。そういった都市の様々な条件が生み出したいびつな形をうまくトレースすることで矩形の部屋に整理することを考えた。また、この会社の新たなウェブサービスの製作時期と施工の時期が重なるためにオフィスの稼働を止めないように工期を分けて半分づつ施工する事、将来オフィス移転用に自分たちで組み立てと分解が出来る事、特殊な寸法を持った機材や商品などをたくさん格納できる事が求められた。様々な与条件から立ち上げた壁に ディスプレイやスピーカーなどが至るところに配されるという、この企業に相応しいアクティブな空間となった。
It is the first stage of the design construction of the interior of the company that delivers the music contents. It is a room in the building that the restaurant enters. The ruggedness of the clothes room(there was pub), the pillar, and the fire escape stair appears indoors. I designed rectangular room by tracing the distorted shape that various conditions of the city. There some condition I have to keep. -not to stop the operation of the office -would include a lot of machine parts which has unique size and the commodity, etc. -would be assembled for themself for the office move in the future. It became an active space that the display and the speaker were distributed here and there.

top

meeting space

workspace